仮想化基盤で利用される物理ハードウエア

###Site Name###

仮想化基盤ではさまざまな物理的なハードウエアが仮想化されます。

ハードウエアの仮想化とは、OSから見ればハードウエアでありながら、ベースとなるソフトウエアによって管理されたハードウエアのことをいいます。
ベースとなるOS上にいくつかのOSを立ち上げることができ、仮想的に複数のハードウエアを用意した状態にします。



個々のハードウエアは仮想化基盤ではアイテムの一つであり、必要に応じてCPUの処理能力を配分したり、メモリを増減させることも可能です。このような仮想化基盤では多くのハードウエアがソフトウエアで管理されます。



CPUは個数だけではなく、利用する処理能力も制御可能です。
また、仮想的に複数のCPUを用意し、処理を物理CPUに割り振るということも可能になっています。

メモリについては容量を分配しますが、スワッピングした容量についても合わせて配分可能です。


ハードディスクについても同様ですが、仮想的な容量は設定できないので総量は変わりません。

All Aboutの情報が必ずあります。

仮想化基盤での物理ハードウエアは、効率のよい活用のために細分化されますが、特にCPUについてはCPU自体に仮想化に対応するための機構が取り入れられたことで効率性が増しています。

また、メモリやハードディスクについては物理的に分けられるハードウエアなので特別な機構なしに対応できます。CPUやハードディスク以外にもUSB機器が仮想化して利用できるようになっており効率よい利用が進んでいます。